2016年10月20日
・技術文書に「6502 CPUのbit命令を用いたコードサイズの縮小」のページを追加しました。

2015年10月15日
・実機を使った256Wの出し方とその内部動作のページを追加しました。

2015年9月29日
・256Wに関するページを追加しました。

2015年9月17日
・サイトの内容を整理・追加しました。

2014年10月25日
・WinIPS 0.71をリリースしました。変更点は、以下の通りです。
- IPSファイル作成操作で、より小さなIPSファイルを作成できるように改良
- IPSファイル作成操作で、変更後にファイルサイズが小さくなる場合もIPSファイルの作成が行えるように、Truncate情報のサポートを追加
- ファイルのドラッグ&ドロップやダイアログによる選択後などに、エディットコントロールが終端までスクロールされるように変更

2014年6月2日
・WinIPS 0.70をリリースしました。変更点は、以下の通りです。
- IPSパッチ操作で、Truncate情報を含むIPSファイルをサポート
- IPSパッチ操作で、エラーを検出する処理を追加
・「IPSって何?WinIPSの使い方を教えて!」のページを更新しました。

2014年1月26日
・技術文書に「smb2jdisの修正について」を追加しました。

2014年1月3日
あけましておめでとうございます。
・「スーパーマリオ改造計画とSMB Utility」に加筆しました。
・スーパーマリオブラザーズ関連ページへのリンクにバーチャルコンソール向けのスーパーマリオブラザーズのページへのリンクを追加しました。

2013年10月7日
・資料にUSA版の取扱説明書に記載されているキャラクタの説明を追加しました。
・技術文書に「.FDS形式のイメージについて」を追加しました。

2013年9月14日
・技術文書に「smbdis.asmをASM6用に変更する方法」を追加しました。
・リンクにloopy's homeを追加しました。

2013年9月2日
・資料にUSA版の取扱説明書に記載されている「ものがたり」を追加しました。
・SMB Reformerの開発背景を追加しました。
・リンクにFCEUXを追加しました。
・英語ページを削除し、英語版のSMB UtilityやWinIPSをトップページでダウンロードできるように変更しました。

2013年8月8日
・WinIPS 0.69をリリースしました。変更点は、以下の通りです。
- フルパス名の長いファイルを使用すると、操作不能になる可能性がある不具合を修正
- フルパス名の長いファイルを使用したIPSパッチの適用・作成時のエラー処理を追加
- 既存のファイルを保護するために、IPSファイルの適用・作成時に入出力ファイルのフルパス名が同じでないかをチェックする処理を追加
・リンクにZophar's Domainを追加しました。

2013年7月17日
・「IPSって何?WinIPSの使い方を教えて!」のページを追加しました。

2013年5月29日
・資料のコーナーにテレビCMを追加しました。

2013年4月20日
・「スーパーマリオ改造計画とSMB Utility」の項目を追加しました。
・リンクにVirtuaNES Official Siteを追加しました。

2013年2月16日
・SMB Utility 1.08の再公開を開始しました。変更点は、以下の通りです。
- デモレコーダーが正しく動作していなかった不具合を修正。
- ジョイスティックの状態取得APIの呼び出しをPOVの有効・無効設定を反映したものに変更。
- メインウィンドウのエミュレータのメニューキーをE(編集と重複している)からMに変更し、途中ページテストプレイのメニューキーを追加。
- Internationalバージョンのログのフォントを「Arial」から「MS Sans Serif」に変更。
- メインウィンドウの「元に戻す」に続く名前をダブルクォーテーションで囲むように変更。
- カスタマイズダイアログでAlt・Shift・Ctrlを変更してキーが重複した場合に、メッセージボックスのエラー文字列が正しく表示されない不具合を修正。
- 文字列の編集で、Enterキーを押しても書き込みを行えるように変更。
- その他、細かい点の修正。
・英語版のページにてInternational版の公開を開始しました。

2013年2月7日
・SMB Utility 1.08にデモレコーダーが正しく機能しない不具合が見つかったため、公開を中止しました。

2013年1月29日
・サイトの更新情報の表示方法を変更しました。
・Nesdevへのリンクを更新し、Romhacking.netへのリンクを追加しました。

inserted by FC2 system