SMB Laboratoryのトップページへ

改造マリオの遊び方

必要なもの

1. ファミコンエミュレータ

 パソコンでファミコンソフトを実行するためソフトウェアです。色々あるので、インターネットで検索して好みのものを探してみてください。

2. スーパーマリオブラザーズのファミコンカセット

 インターネットオークションや中古ゲームショップなどで入手してください。

3. スーパーマリオブラザーズのROMイメージ

 ファミコンエミュレータがスーパーマリオブラザーズを実行できるようにするために、ファミコンカセット内のROMデータをパソコンにファイルとして保存する必要があります。この保存されたファイルはROMイメージと呼ばれます。

 ファミコンカセットからROMイメージを作成するには、特殊なハードウェアやソフトウェアが必要になります。これらについては、「ファミコンカセット 吸い出し」などのキーワードでインターネットを検索して調べてください。

 ROMイメージは、.NES形式で保存してください。.NES形式で保存した場合、ヘッダーの16バイトは 4E 45 53 1A 02 01 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 (16進数)で、ROMイメージのサイズは40,976バイト、SHA-1ハッシュ値(sha1sum)はea343f4e445a9050d4b4fbac2c77d0693b1d0922となります。

4. IPSパッチャー (IPS patcher)

 改造マリオは、元のROMイメージから改造されたROMイメージへと改変を行うIPS形式のパッチとして配布されています。そのため、IPSパッチを適用するためのソフトウェアが必要になります。このようなソフトウェアは、IPSパッチャー(IPS patcher)と呼ばれています。

 なお、Windows用IPSパッチャーのうちの一つとしてWinIPSがあり、このサイトから入手できます。Windows以外の基本ソフトでIPSパッチを適用する場合、それに対応したソフトウェアを入手する必要があります。

5. IPSファイル

 元の.NES形式のROMイメージを改造マリオのROMイメージに変更するためのIPS形式のパッチです。このサイトで配布しています。

手順

1. スーパーマリオブラザーズのROMイメージが正常なものであるかを確認する

 パソコンに保存した.NES形式のスーパーマリオブラザーズのROMイメージのファイルサイズが40,976バイトで、SHA-1ハッシュ値(sha1sum)がea343f4e445a9050d4b4fbac2c77d0693b1d0922であることを確認します。さらに、ROMイメージをファミコンエミュレータで開き、スーパーマリオブラザーズがプレイできることを確認します。

2. IPSパッチを適用する

 スーパーマリオブラザーズのROMイメージをIPSパッチャーを使用して、遊びたい作品のIPSファイルで変更します。WinIPSでIPSパッチの適用方法が分からないという方は、WinIPSでパッチを適用する方法を紹介したページをご覧ください。

 なお、.NES形式のROMイメージにトレイナーが必要な改造マリオもあります。この場合、.NES形式のROMイメージのヘッダー(ファイルの先頭から16バイト)とプログラムROMの間に(すべての値が00の)512バイトの領域を挿入し、ヘッダーを4E 45 53 1A 02 01 05 00 00 00 00 00 00 00 00 00 (16進数)に変更する必要があります。こうして作成されたROMイメージは、ファイルサイズが41,488バイトになります。

3. 変更したROMイメージをファミコンエミュレータで開く

 変更したROMイメージをファミコンエミュレータで実行します。

inserted by FC2 system